東京都北区岸町1-3-1 伯清王子ビル3F
「王子駅」から徒歩1分

03-3908-0001

ネット予約はこちら ネット予約はこちら

尿道炎

尿道炎は性的感染が主因

尿道炎は、文字通り尿道に炎症が起こる疾患です。性行為が原因となって発症する場合が非常に多いです。

尿道とは

膀胱で一時的に溜められた尿を体外に排出する管を「尿道」といいます。男性は約15~20㎝の長さでS字状に湾曲しており、途中から精液の排出路ともなります。女性は約3~4cmと短く、尿道だけに炎症を起こすことはほとんどありません。一般的に尿道炎は男性特有の病気といえます。

もっとも、尿道の出口付近に常在しているブドウ球菌や連鎖球菌などは、通常、人の細菌に対する抵抗力とバランス作用により、炎症を起こすことはありません。しかし、外部から尿道に入って増殖し、炎症を起こす特別な細菌がいます。それが淋菌とクラミジアなのです。

淋菌は弱い菌で、患者の粘膜から離れると数時間で感染性を失い、乾燥や温度の変化にも耐えられません。しかし、性行為のときは、直接、相手先の体内に菌が届けられるため、感染してしまいます。クラミジアも人の体内以外では生きられない細菌であり、主に性行為によって感染します。そのため、尿道炎となった場合は、まず「性行為によって淋菌やクラミジアに感染していないか」を検討することになるのです。

主な症状

性交渉などの感染機会から発症までの潜伏期間は、淋菌で3日~1週間、クラミジアで1~2週間です。また淋菌のほうが痛みや腫れなどの症状が強く、薄い黄色っぽい膿が出ます。クラミジアのほうが症状は軽く、膿も透明な感じになります。
クラミジア尿道炎の場合、目立った自覚症状が見られないこともあります。しかし、自覚症状がなくても感染力はあり、そのような感染者の性行為によって感染が広がることが社会問題ともなっています。性パートナーに感染が見られた方は、躊躇しないで泌尿器科を受診するようにしてください。

尿道炎の検査

尿を採取し、検査します。培養法、遺伝子増殖法などを用いて淋菌やクラミジアを調べます。淋菌性尿道炎と思って治療したら淋菌だけでなくクラミジアもいた、ということもありますので、治療開始前に原因菌を検査しておくことが必要です。それ以外の細菌などが原因となることもあります。

尿道炎の治療法

感染の原因によって治療法は異なります。淋菌の場合は点滴治療が一般的です。セフトリアキソンという点滴を1回行うことでだいたい治ります。点滴したあと1-2日程度で症状がなくなっていきます。クラミジアの場合は、アジスロマイシン(ジスロマック)という薬の服用が一般的です。
治ったかどうかは、淋菌の場合は症状がなくなっていれば治っていることが多いのですが、クラミジアの場合は症状がなくなっても残存していることがあるので注意が必要です。症状がなくなっても治療後3週間程度経過してから、再度クラミジアの検査をおこなって陰性になっていることを確認することが推奨されています。
また、パートナーも同時に検査、治療することが必要です。女性の場合は尿ではなく膣の奥、子宮頸管の粘液から検査をおこないます。自分だけ治療してもパートナーが感染していれば再感染してしまいます。両者とも治癒したことが確認できるまでは性行為は控えてください。

さくらクリニック

診療科目

泌尿器科、内科

住所

東京都北区岸町1-3-1 伯清王子ビル3F
※エレベーターあり

アクセス

JR、東京メトロ南北線「王子」駅から徒歩1分
都電荒川線「王子駅前」駅から徒歩2分

電話番号

03-3908-0001

診療時間

日祝
9:00~13:00
14:30~18:00

休診:日曜、祝日、木曜午後、土曜午後

イラストマップ

南北線3番出口より約100m
JR王子駅北口改札より約140m