東京都北区岸町1-3-1 伯清王子ビル3F
「王子駅」から徒歩1分

03-3908-0001

ネット予約はこちら ネット予約はこちら

膀胱炎

膀胱炎とは

尿路感染症のひとつで、膀胱で発生した細菌感染症のことを言います。10~40歳代の性的活動期にある女性に感染者が多いのが特徴です。膀胱炎は、膀胱内に細菌が繁殖することで、膀胱粘膜に炎症を起こしている状態です。なお、細菌の多くは大腸菌で、これが尿道から入り込むことで感染するようになるのですが、とくに女性は構造的に尿道が短いので膀胱炎を発症しやすいです。また膀胱炎を放置すると、やがて細菌感染が腎臓まで進むようになり腎盂腎炎を発症することもありますので要注意です。

なお膀胱炎と一口に言いましてもいくつかのタイプに分類されます。ただ一般的に膀胱炎と呼ぶ場合は、急性単純性膀胱炎を意味することが多いです。そのほかの膀胱炎としては、もともと尿路に基礎疾患があり、慢性に経過している慢性(複雑性)膀胱炎、細菌感染以外の原因で膀胱炎のような症状を起こす疾患(出血性膀胱炎、間質性膀胱炎、好酸球性膀胱炎、放射線性膀胱炎など)があります。

症状について

主な症状としては、頻尿、排尿痛(排尿が終わる頃に強い痛みが出る)、尿混濁のほか、残尿感や排尿時の不快感などがあります。また、疲労やストレスによる免疫力の低下、膀胱に侵入した細菌が増殖しやすくなる性行為後や生理中といった状況は膀胱炎を起こしやすいので注意が必要です。なお、慢性の場合は、症状が軽度もしくは無症状なこともあります。

検査、治療について

診断をつけるための検査としては、尿中の白血球数や細菌の有無を調べる尿検査、細菌検査を行います。

治療が必要と医師が判断し、細菌感染が原因であれば薬物療法として抗菌薬を投与(内服)します。投与することで、多くは1~2日間で症状が改善され、3~5日間の治療で治癒するようになります。ただし、症状が治まったからと勝手に服用を止めることはせず、医師の指示通りに服用するようにしてください。また再発を予防するという面からも、水分を日頃より多く摂取して、尿をたくさん出すようにして、尿はできるだけ我慢しないようにします。

また予防対策として、下腹部を常に温めておきましょう。このほかにも、ストレスを溜めたりせず、また過労をできるだけ避けるようにすることで免疫力の低下を防ぐ、完治するまではアルコールを控えるといったことも心がけるようにしてください。

さくらクリニック

診療科目

泌尿器科、内科

住所

東京都北区岸町1-3-1 伯清王子ビル3F
※エレベーターあり

アクセス

JR、東京メトロ南北線「王子」駅から徒歩1分
都電荒川線「王子駅前」駅から徒歩2分

電話番号

03-3908-0001

診療時間

日祝
9:00~13:00
14:30~18:00

休診:日曜、祝日、木曜午後、土曜午後

イラストマップ

南北線3番出口より約100m
JR王子駅北口改札より約140m