東京都北区岸町1-3-1 伯清王子ビル3F
「王子駅」から徒歩1分

03-3908-0001

ネット予約はこちら ネット予約はこちら

血尿・尿潜血

血尿・尿潜血とは

尿に赤血球が混じった状態を意味する言葉です。このうち「血尿」は、肉眼で確認できる場合であり、患者様ご自身で見つけることができます。これに対し、「尿潜血」は、尿に赤血球が混じってはいるのですが、色などがはっきり出現しないため、顕微鏡などを用いないと確認できないものを指します。

血尿や尿潜血は、尿を作る腎臓、尿を一時的に溜める膀胱、それらをつなぐ尿管や尿道に何らかの病的状態が生じているサインです。肉眼で血を確認できる場合は、さらに重要な病気が起こっている可能性があります。例えば、膀胱がんの8割以上は肉眼的血尿を契機として発見されます。ただし、肉眼で見えない顕微鏡的潜血でも、がんなどの重要な病気が潜んでいることも少なくありません。

血尿が見られた場合はもちろんのこと、健康診断や人間ドックで尿潜血を指摘された方は、お早めに泌尿器科を受診するようにしてください。

なお、血尿は、継続的に見られる場合ばかりではありません。とくに、肉眼的血尿の主要な原因である膀胱がんの場合は、血尿が出たり止まったりを繰り返すのです。初期の段階では痛みもありません。血尿が治まったから大丈夫と考えるのは危険です。

血尿となりうる疾患

  • 泌尿器系(腎臓、尿管、膀胱、尿道、前立腺)の良性腫瘍・悪性腫瘍
  • 腎臓や尿管などに生じる結石
  • 尿路の炎症(膀胱炎、腎盂炎、尿路感染症など)
  • 腎臓疾患(慢性糸球体腎炎など)

など

血尿の原因を調べる検査

まず尿検査を行います。尿の色調の観察、尿中赤血球数の算定、赤血球円柱や顆粒円柱の有無を確認するのです。また、上皮細胞に異変が生じていないか注意するとともに、必要に応じて尿細胞診検査を行い、癌細胞の有無も確認します。

さらに、腹部超音波検査によって膀胱や腎臓、その周辺部位の状態を調べることも一般的に行われています。これは痛みもなく、がんや尿路結石の有無など、様々な情報が得られる有用な検査です。

尿検査や超音波検査などによって何らかの疾患が疑われた場合は、さらにCTやMRI、、採血、膀胱鏡検査などを必要に応じて行います。

血尿の治療

血尿の原因を調べる検査により、疾患が確定されたならば、その疾患の治療を行います。膀胱がんであれば、進行の程度によって手術や化学的療法などが行われますし、腎盂腎炎であれば薬物療法などが選択されるわけです。

また、尿路感染症が原因である場合は、抗菌薬や抗生剤を投与し、症状の回復を目指します。十分な水分を摂り、薬物療法を続けることにより、血尿の解消を目指すようにします。

さくらクリニック

診療科目

泌尿器科、内科

住所

東京都北区岸町1-3-1 伯清王子ビル3F
※エレベーターあり

アクセス

JR、東京メトロ南北線「王子」駅から徒歩1分
都電荒川線「王子駅前」駅から徒歩2分

電話番号

03-3908-0001

診療時間

日祝
9:00~13:00
14:30~18:00

休診:日曜、祝日、木曜午後、土曜午後

イラストマップ

南北線3番出口より約100m
JR王子駅北口改札より約140m